タイヤが作る自動車移動構造

4つ以上のタイヤで構成される自動車の場合、一般的には前輪を操舵させてカーブを曲がりますが、この時前輪が回転運動に伴って描く円弧に比べて、後輪が描く円弧は半径が短くなります。よって、後輪は必ず前輪よりも内側を通ることになります。これがいわゆる内綸差というものです。ドライバーがカーブを曲がるためハンドルを切るとき、体感的に前輪の半径を基準にしてカーブを曲がってしまいやすいのですが、そうすると後輪はその内側を回ってしまうので、側溝などで予期せぬ脱輪を起こしたり、歩行者や自転車の巻き込み事故を起こしてしまうことがあるので注意が必要です。
一方、駆動する車輪は、エンジンの駆動を左右に均一に伝えて同じ回転をさせた場合、カーブを曲がるときは外側と内側で車輪の進む距離が異なるので、スムーズに回ることができません。そこでカーブを曲がるときには、エンジンの駆動を左右別々の回転数で伝えなければいけません。それを行うのが差動歯車(デファレンスギア、略してデフギア)です。デフギアは前輪駆動車の場合は前輪に、後輪駆動車の場合は後輪に、四輪駆動車の場合は両方に取り付けられています。さらに四輪駆動車の場合は、前輪と後輪の回転差を調節するセンターデフも取り付けられています。

コメントは受け付けていません。