タイヤの構造と私達が守られてい理由

キノコ摩擦の少ない路上でも、車の挙動を安定させることができるシステムや、ABSのような、車を運転する際にもっとも重要とされる安全性を高めるための性能は、年々向上してきています。車が走る凶器であって良いはずはないので、車の性能自体のほかにも、運転者を補助するための補完システムの開発も欠かせません。GPSによるカーナビゲーションも、運転中に道を探して挙動不審な動きをすることによる危険を減らすことができるシステムですし、バックモニターは物理的に見えない背後を見ることができるようになり、死角による危険を避けることができるシステムです。そういった、後から増やすことが可能な装備やデバイスのほかにも、安全性を高めることができるものとして、パーツがあります。消耗品でもあり交換可能な重要なパーツの一つとしてタイヤがありますが、その構造は意外に緻密で、ゴムのほかにもワイヤーや繊維などが使用されています。タイプとしては、トラックやバスで使用されるバイアスと呼ばれるものと、乗用車で使用されるラジアルと呼ばれるものがありますが、バイアスよりも後発のラジアルは、グリップが良く操縦の安定性に優れていて、安全性が向上しています。

コメントは受け付けていません。